最新ハリファックスの語学学校の様子 – 2021年9月 –

こんにちは。ハリファックスサポートセンター水谷です。ハリファックスでもワクチン接種の完了している学生を対象に対面での授業が再開しています。カナダには、学生ビザをお持ちの方だけでなく、eTA(観光ビザ)で短期での渡航も可能になりました。さらに!ワーキングホリデーでの渡航にジョブオファーが不要になりました。少しずつですが、カナダ留学が再開してきています。当センターからハリファックスの語学学校へ留学される方も、10月頃から数名いらっしゃるので、各語学学校の最新情報を集めてみました。この数字は今後、どんどん変わっていきますが、少しでも今の状態が伝わるデータになると嬉しいです。

語学学校CLLC – Halifax

語学学校CLLCは現在、日本人の学生さんは2-3名しかおらず、以下のような国籍の学生さんがいらっしゃいます。

  • 韓国
  • 中国
  • マリ
  • ターキー
  • ブラジル
  • コロンビア
  • メキシコ
  • 中東

この中では比較的多い、韓国の割合は、親子留学でハリファックスにきているお母さん学生が多いようです。

あと各1名だけいる国籍が、

  • フランス
  • イラン
  • ブルキナファソ
  • リビヤ
  • エジプト
  • エクアドール
  • ペルー

このような感じになっているそうです。ハリファックスキャンパスのディレクター・Deniseさんによると、9月、10月にかけて様々な国から学生がやって来る予定で、国籍豊かで賑やかになっていくと思うとのことです。

語学学校ECLC

語学学校ECLC – East Coast Language Collegeの現在の様子は以下のようになります。全体の生徒数は約60人

  • 韓国    44%
  • 中国    28%
  • 日本    9%
  • ブラジル    9%
  • イラン       2%
  • クウェート  2%
  • チリ     2%
  • コロンビア           2%
  • パキスタン              2%

ここ数ヶ月で、メキシコ、サウジアラビア、ターキーからの学生もやって来るそうです。語学学校ECLCの校舎は最大200人弱の大きさですので、3分の1という感じだと思います。こちらも韓国の学生が多いのは、CLLCと同じように親子留学のお母さん学生が多いからだそうです。

ハリファックスは英語を学ぶにはとてもお勧めな街

人口30万人の小都市ハリファックスは生活やエンターテイメントにそこまで不便することなく、アジア人が少なくフレンドリーなカナダ人が多い街です。落ち着いてじっくり英語を学ぶにはとてもおすすめの街です。私もハリファックスで語学留学しました。(私のカナダ留学体験談はこちら

興味のある方は是非、街の様子などチェックしてみて下さい。留学カウンセリングや語学学校への手続きは当センターまでお気軽にご相談ください。

最新情報をチェックしよう!
>あなたの最高のハリファックス留学プランを私たちと一緒に作成しましょう!

あなたの最高のハリファックス留学プランを私たちと一緒に作成しましょう!

高校を卒業して建設現場の作業員だった代表水谷は、ハリファックスでの語学留学をきっかけに英語講師になり、留学エージェントになりました。あなたが今どんな状況にいても、大切なのは理想の未来を描いて、そこへ進むこと。その道のりの一歩一歩を楽しむこと。あなたもハリファックス語学留学をきっかけに理想の未来を描きましょう。

CTR IMG